ハイタンク型のトイレの水のトラブル

水のトラブルとして次に紹介するのは、洋式便器の中でもハイタンクと呼ばれるタイプのものについてです。昨今では数は少なくなっているタイプのトイレですが、古くから使われているトイレなどにはまだまだ残っています。ハイタンク型の洋式トイレというのは高い場所に水のタンクが設置されており、そこから伸びている紐を引くことによって洗浄が行なわれる仕組みとなっています。

それでは、ハイタンク型のトイレの水のトラブルとしてはどのようなものが起こる場合が多いのでしょうか。やはり、この高い場所にあるタンク自体にトラブルが起こってしまう場合が多くあります。ハイタンク型では重力を使って水を流す仕組みを取っているため、水止めの弁に問題が発生すると水が止まらなくなってしまったり、逆に溜まらなくなってしまったりしまう場合があります。タンク自体が高い場所にあるということもあり、自分で中を見るのが難しいため自主修理がしにくい水のトラブルとなります。

また、トイレ側の水のトラブルとして、止水栓の水漏れや給水管の水漏れなどが起こることもあります。これらの水のトラブルについてはある程度自分でも見ることができますが、古いトイレであるため構造がわかりにくい場合も多いため、専門家に依頼した方が確実です。